【愛媛】最高の癒し♡もふもふ天国!愛媛の猫の島「青島」へ行こう!

スポンサーリンク
愛媛
スポンサーリンク

ハローこんにちは♡

Lily(リリィ)です。

今日は愛媛県にある猫の島「青島」紹介します!

スポンサーリンク

青島ってどんな島?

青島は愛媛県大洲市という場所にあります。

「青島」という文字通り瀬戸内海に浮かぶ小さな島です。

大洲市の長浜港から沖合13.5㎞に位置しており、小さな船で渡ることが出来ます。

元々最盛期は800人以上人が住んでいたそうですが、住民の高齢化などにより、人口は減り続けて2019年2月時点ではたった6人しか人が住んでないそうです。

とても小さな島なので、飲食店や商店もなく、宿泊施設はもちろんのこと自販機すらありません。

自動車やバイク、自転車もないそうです。

そんな何もない小さな島に

なんと猫が200匹以上いる!

それが青島です!

有名になったきっかけ「志村どうぶつ園」に出演!

元々青島はまったく観光地などではなく、漁業を営む住民のために四国本土との行き来する目的で小さな船が運航されていました。

これは2019年現在も変わっておらす、1日2便、長浜港から小さな船が運航されているだけです。

有名になったきっかけは猫好きの方が2013年頃からブログやSNSで話題にしたことです。

その後2016年には全国放送のテレビ「志村どうぶつ園」で猫の島、青島が取り上げられました。

Hey!Say!JUMP伊野尾慧くんがロケに行ったということで更に人気に火が付き、拡散されたのだと思います。

2019年!実際青島へ行ってみた!

猫の島青島に向かうにあたって、情報を集めたところ、気象条件や船の定員などによって上陸の難易度が高いということが判明!

(そのあたりはアクセス&インフォメーションで詳しくお話しします)

気象条件&船に確実に乗れそうな平日に休みを取って出掛けました!

乗船する船はこんな感じ!

定員34名の小さな船です。

 

いざ出航!

天気のとてもいい日だったので、海もすごく綺麗でした♡

私が青島に行った日は予報では波0.5m以下の穏やかな日でしたが、それでも船は結構揺れました。

小さな船なので、波が高いと危険なんでしょう。

到着!

約30分の船旅を終えて青島に到着すると1匹の茶トラさんがお出迎えに来てくれました♡

青い海がバックに映える♡

島中に猫ちゃんはいるのですが、沢山の猫ちゃんに会えるのは主にエサやりが出来る東の広場西の広場(こちらはエサやりは出来ません)です。

青島は小さな島ですし、猫ちゃんが集まっているところは人もたくさんいるのでまず迷う心配はありません。

ご安心を!

まず到着して早速エサやりの出来る東の広場に行きました。

必死にキャットフードを貪るにゃんこ達。

 

茶トラ率高し!!

猫の性格も様々でエサをあげている人の膝の上に乗ってまでがっつこうとする猫もいれば、猫同士のエサ取り争いに負けて(猫パンチが飛び交いまくってます)あまりエサにありつけていない控えめな子もいたり様々です。

せっかくなので記念撮影もさせてもらいました♡

 

続いて西の広場です。

こちらもわらわらと集まってきました!

私を見上げる愛くるしいにゃんこ達♡

(見上げているのは私ではなくエサです!笑)

夕方はみんなで気持ちよさそうにひなたぼっこ♡

さてここからはお気に入りの猫ちゃん写真達を紹介します!

【エントリーナンバー1】

こちらを見つめるぶち猫ちゃん。

【エントリーナンバー2】

アンニュイな表情が素敵なキジトラちゃん。

【エントリーナンバー3】

気持ちよさそうにお昼寝するもふもふ茶トラちゃん。

【エントリーナンバー4】

ゴージャスで凛々しいお顔のふわふわにゃんこ様。

【エントリーナンバー5】

ワイルドかつゴージャスなご兄弟(姉妹?)にゃんこ様。

【エントリーナンバー6】

屋根の上でおくつろぎ中の猫ちゃん。

【エントリーナンバー8】

塀の上に並んでお座りの3兄弟。

【エントリーナンバー9】

ポスト周辺をパトロールしていたキジトラ君。

【エントリーナンバー10(番外編)】

コンクリートについちゃった猫ちゃんの足跡。

最強に萌え♡

乾く前にうっかり歩いちゃったのでしょうか?

以上青島のレポートでした♡

アクセス&インフォメーション

青島へのアクセスは「船」一択です。

ただこの青島行の船ですが、乗船するのはやや難易度が高いと言われています。

その理由は

①気象条件や波の状況によって欠航になりやすい。

②乗船できる人数は34人と少なく1日2便しかないため、休日は争奪戦。

③港へのアクセスがあまりよくない。

④港周辺に宿泊施設がほとんどない

というものです。

それぞれを解説していきます。

①気象条件や波の状況によって欠航になりやすい。

1つ目は船の欠航のリスクです。

基本的には港のある大洲市長浜近郊で注意報が発令されると欠航になります。

(こちらの情報は定期旅客船「あおしま」のHPに記載があります)

せっかく港まで行ったのに残念ながら今日は欠航!というのは悲しいですよね。

ということで欠航の条件をもう少し詳しく調べてみました。

A、大洲市長浜近郊、伊予市沖波浪注意報が出ている日は欠航の可能性が高い。

B、伊予市沖の波の高さが1m以上だと欠航。船が出るのは波の高さが0.5mのとき。(青島の住所は大洲市ですが、伊予市の天気予報で見た方が良いそうです)

C、ただし波の高さが0.5mの場合でも青島付近の海の波が高ければ船長の判断で欠航になる可能性があり。

D、冬期(11月~2月)は波が高く、欠航が多い。

Cの場合は直前まで分かりませんが、A、Bに関しては事前に天気予報である程度予測が可能ですし、Dに関しても先に知っておくことでリスク回避が可能です。

【伊予市の波の高さが分かる】

伊予市の今日明日の天気 - tenki.jp
伊予市の今日明日の天気、気温、降水確率に加え、台風情報、警報注意報、観測ランキング、紫外線指数等を掲載。気象予報士が日々更新する「日直予報士」や季節を楽しむコラム「tenki.jpサプリ」などもチェックできます。

【伊予市の警報・注意報】

愛媛県の警報・注意報 - Yahoo!天気・災害
防災に役立つ最新の特別警報、警報、注意報、今後の推移を市区町村レベルで提供。

青島に行かれる前はこのサイトを参考に計画を立てることをおすすめします!

また青島近郊にお住まいの方が毎日ではないですが、定期的にtwitterにて青島の船の出航情報をつぶやかれています。

猫の島 青島(@aoshima_cat)さん | Twitter
猫の島 青島 (@aoshima_cat)さんの最新ツイート 愛媛県大洲市の沖合にある 猫の島 青島の近くに住んでいます。青島の魅力を紹介しています。facebookとブログもしています。お問い合わせはDMでお願いします。 愛媛県大洲市

「今日の朝の船は出航しました」という感じでつぶやかれているので、午後便で青島に行こうと考えられている方には大変参考になる情報だと思います。

ちなみに私が青島に行ったときはこの方も来られており、エサやり場を教えて下さったり、写真を撮ってくださったり、色々説明して下さり、とても親切にしていただきました!

②乗船できる人数は34人と少ないため、休日は争奪戦。

青島へ向かう定期旅客船「あおしま」はとても小さな船なので定員が34人です。

また1日2便しかありません。

ですので、春や秋など気候が良い時期の週末やGW、三連休といった休みは定員オーバーで船に乗れないリスクが出てきます。

便のスケジュールはこちら。

長浜港から青島へ行くパターンとしては

A、【行き】長浜発8:00-青島着8:35

   【帰り】青島発16:15-長浜着16:50

  滞在時間 8時間15分

B、【行き】長浜発14:30-青島着15:05

   【帰り】青島発16:15-長浜着16:50

  滞在時間 1時間10分

の2つの選択肢があります。

ただAの午前便で行く場合もBの午後便で行く場合も帰りの便は青島発16:15しか選択肢がないので、Bで行く場合は日によっては定員オーバーで行けない可能性が出てきます。(船の定員は34人)

青島には宿泊施設はないので、青島の住民の方以外は必ず日帰りで帰ることになります。

なので極端に言うと、例えばAの午前便で34人が青島に行ってしまうとその34人は青島発16:15の便でみんな帰るので、そもそもBの午後便に乗ることが出来ないのです!

このリスクを回避するため、GWや春夏の三連休などは皆さんAの朝便に乗るために早朝に長浜港に来て並んでいるそうです。

人が多いと予想される休日は注意が必要ですね!

③港へのアクセスがあまりよくない。

長浜港の青島行の船乗り場へのアクセスは主に2通りです。

A、車で向かう

B、電車で向かう

まずAの車で向かう場合です。

仮に松山市の中心部から港へアクセスする場合は車で約1時間かかります。

海沿いを走るので景色も良く、ドライブにはぴったりですが、朝8:00の便に乗ろうと思うと少なくとも6時台には出発する必要があります。

車で行く場合は青島行の船乗り場の近くに駐車場も完備されていますのでご安心ください。

またBの電車で行く場合の最寄り駅は「伊予長浜駅」になります。

伊予長浜駅から青島行の船乗り場までは徒歩6分と近いです。

以下JR松山駅から伊予長浜駅への時刻表です。

本数は少なめです。

【松山ー伊予長浜】2019年11月現在

06:02-07:17  15:45-16:53

07:00-08:05  16:50-18:19

09:45-10:58  17:55-18:53

13:02-13:59  18:58-20:04

14:35-15:36  21:08-22:11

【伊予長浜ー松山】2019年11月現在

05:41ー06:40  16:04ー17:10

06:32ー07:38  17:35ー18:31

08:31ー09:45  19:18ー20:21

10:14ー11:11  20:56ー21:56

14:52ー14:52

朝の1便で青島に向かう場合は始発に乗らなければいけません。

④港周辺に宿泊施設がほとんどない

③で解説しました通り、長浜港周辺へのアクセスはあまりよくありません。

特に朝1便に確実に乗りたいと考えている場合、松山からの車や電車でのアクセスはややハードかと思います。

そういった場合、検討するのが「前泊」かと思いますが、残念ながら長浜港周辺に宿泊施設はほとんどない…のですが2軒だけ周辺に宿泊施設があります。

【民宿漁亭】

青島の船乗り場まで約徒歩6分です。

Googleの口コミを見ても朝1便で青島に行く方が多く宿泊していそうな感じでした。

民宿漁亭
愛媛県大洲市長浜にある民宿です

【冨屋金兵衛邸】

青島行の船乗り場まで徒歩約10分です。

坂本龍馬 脱藩の宿
冨屋金兵衛邸は坂本龍馬が脱藩の際に四国路最後の宿として泊まったとされています。大洲・長浜へ宿泊をお考えの方へ。簡易宿泊施設や資料展示室・ギャラリーを併設しています。

前泊をご検討されている方はぜひ参考にしてみてください♡

最後に!青島に行くときに持っていくもの

【青島に行くときに必要なもの】

・水などの飲み物

(青島には商店や飲食店、自販機など一切ございません。脱水にならないように飲料は必ず持参してください。)

・おにぎりやお弁当などの食事

(同じく青島には食べ物を買ったり食べたりするお店がないので、特に朝の便で行く場合は必ず昼食をご準備ください。またゴミは必ず持ち帰ってください。)

・ウエットティッシュやハンカチ、タオル

(猫ちゃんを触ったりした後は手を拭いたり洗ったりしたくなると思いますのでご準備をおすすめします。青島には定期船待合所がありその中にトイレ手を洗える洗面所はあります。)

・キャットフード

(青島では西の広場の所定の場所ではエサやりが可能です。猫ちゃん達がお腹を空かせて待っていますのでぜひキャットフードの持参をおすすめします。みんな群がりますので、あっという間になくなってしまいます。)

・猫のおもちゃ

(ねこじゃらしなど猫用のおもちゃを持っていくとより猫ちゃん達と濃密なコミュニケーションが取れると思います。)

・傘などの雨具

(青島には定期船待合室以外で雨風をしのぐ場所がありません。お天気に合わせて雨具もご準備ください。)

・ビニール袋

(ゴミを持ち帰るのに持っていくと便利です。)

ちなみに携帯の電波はドコモ、ソフトバンク、auともに入りました!

是非たくさんの猫ちゃんと戯れに青島へ訪れてみてください。

ではまた♡

コメント